徳永愛子は、東京に住む2人のお母さんです。彼女は学校でも後にでもアメリカに住んでいるが、日本の子供たちのためだけに料理をしている。彼女の経験は、私たちの多くが日常的に考えていないもの、すなわち食品の安全性.

福島県の2011年の地震以来、福島原発の放射能汚染が懸念されていますので、愛子さんが家族のためにしていることは、.

私たちは、彼女の日常生活が日本のようなものであることについて愛子と話しました.

あなたの家族のために料理するためのあなたの一般的なアプローチは何ですか??

私は家族のために安全な食べ物を選んでいます。私は福島県の近くから野菜や肉を買おうとしません。日本では、食べ物には通常、それが栽培されている場所が表示されていますので、危険であるかどうかを確認することができます。利用可能な有機物がある場合は、それらを購入することも好む.

あなたはどこで食料品買い物をしますか?

私の近所には3つまたは4つのスーパーマーケットがあるので、私は通常、週に3回、娘を学校に連れて行って、そのうちの1つに行くのです。また、最近、日本の南部(原子力事故にはほど遠い)の有機野菜をオンラインで注文し始めました.

あなたの家族は朝食のために何を食べますか??

平日の朝食は、通常、自分自身と子供たちのお米やパン、卵、ハム、ブロッコリー、トマト、イチゴ、ヨーグルトを食べます。 (私の夫は仕事で食べる)週末には、私の夫が野菜のスープとオムレツを私たちのために調理する.

そして、ランチとディナーはどうですか??

お米、サラダ、味噌汁、納豆、肉、魚などを食べます。私の夫は素晴らしい料理人です。.

あなたの家ではどんな外国の食べ物を定期的に食べますか?

私たちはたくさんのパン、ヨーグルト、カレー、餃子を食べる.

そして、あなたがアメリカに住んでいる時から逃した食べ物はありますか??

はい!私は良いベトナム料理、タイ料理、メキシコ料理が欠けている。.

私たちと話してくれてありがとう、アイコ!